言語聴覚士の読書ノート

言語、脳、失語症を考える

言語機能における小脳の役割

今日は小脳の言語機能について書かれたレビュー論文をご紹介したいと思います。


2017年のこちらの論文です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/28987056/?i=19&from=aphasia

------------------------------------------

小脳は最近まで運動や視覚と運動の調整、バランス感覚などと結びつけられてきたが、認知機能とも深い関わりがあることが明らかになってきた。

小脳は言語機能とも関わりがあるようだ。例えば野菜の名前をできるだけたくさんあげるとか、「か」がつく言葉をあげるような語流暢性という機能や、文法の表出や理解をする機能、言語的誤りを特定・修正する機能、文字を書く機能を小脳が担っているということが最近の研究で示されている。

小脳と大脳皮質の連絡や小脳の構造的異常が発達性読み書き障害の理論でも強調されている。

脳解剖学的に見ると、右小脳は大脳皮質の言語野と複数の連絡があり、言語機能に重要な役割をしていることがわかってきた。小脳の損傷によって引き起こされる言語障害は、たいてい無症候性のもので、高い言語機能を評価する神経心理学的検査方法を用いる必要がある。

------------------------------------------


私も、小脳と失語症をあまり結びつけて考えてきませんでした。しかしこれまで小脳損傷で言語機能の低下が見られた方を担当したことがありました。構音障害も合併していたこともあり、正直その時最初は失語症を見逃していました。


しかしブローカ野やウェルニッケ野などのメジャーな言語野が言語機能に重要な役割をしていることは間違いありませんが、言語というものは非常に多くの領域がかかわっているのだということがわかります。先入観を持たずに、丹念に患者さんの言語機能を見ていく必要があると感じました。

外国人アクセント症候群は実在するのか?

今日は日本神経心理学会に参加してきました。

横浜市立大学の東山雄一先生らによる、外国人アクセント症候群に関する大変興味深い発表を聞いてきましたので、シェアしたいと思います。ちょっとマニアックですが。


外国人アクセント症候群(foreign accent syndrome: FAS)とは、脳卒中などにより、他者から外国語のようだと違和感を持たれるような話し方になってしまう症状を言います。

失語症が合併することもあればしないこともあります。


今日の発表の中で言われていたのは、FASの中でも、日本では、英語のようになる方と中国語のようになる方に分かれるそうです。

両者の症状をより詳しく調べてみると、英語のようになる場合は音の長さに変化があり、中国語のようになる方は、音の高さの位置が変わることによって、そのように聞こえることがわかりました。


一方FASのメカニズムとして、発語失行の代償なのではないかという説があります。確かに音の長さや高さの変化である点や、比較的若年者が多いことを考えると一理あります。


この発表では、そのような発語失行との独立性を病巣から検討しています。病巣と言っても単純な病巣ではなく、損傷を受けた領域に関係する神経の伝導露から関連する脳領域を推察するという手法を使っています。

その結果、中心前回中部が責任病巣と特定されました。中心前回下部の発語失行とは独立した症候群として考えることも可能であるということです。


FAS言語聴覚士でも10年に一度出会うか出会わないかという頻度なのだそう。私は一度、自分の担当ではありませんが会いました。英語型でした。FASだからと言って何か特別なセラピーがあるというわけではないので、診断はそれほど重要ではないのかも知れません。


しかし第二次大戦下で、ドイツ語なまりのようになってしまったノルウェー人が敵国人と見られて迫害を受けたという事例があるそうなので、一つの症候群として認識されていることは重要なのでしょう。

失語症改善にはどの課題を重点化したらよいのか

今日は日本の論文をご紹介します。2014年に高次脳機能研究に掲載された東川・波多野によるものです。


失語症の言語治療効果に関する因子分析研究

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/34/3/34_291/_pdf


この研究では、失語症が回復するメカニズムを調べるために、日本で最もよく使われている標準失語症検査の結果を、治療前ー治療後で比較することによって、その因子を抽出しています。


その結果、第1改善因子は、「非変換的な言語産生と複雑な情報処理の因子」というもので、失語症の中核的改善因子と解釈されています。

一方、第2以下の改善因子は、それとは対照的に、聞く、読む、書くといった言語の様態や課題の種類の個別性の高い因子であったとのことでした。


ここでいう「非変換的」とは、例えば音読の時に視覚的に入力された文字言語が、音声言語に変換されるが、このような視覚から音声へといった言語様態の変換を含まない、自発的な表出という意味です。


このことから筆者は、失語症のリハビリでは、絵を見て名前を言う呼称や、絵を見てその名前を書く書称などを中心に行うべきであるとしています。



これを読んで、確かに呼称や書称などの課題に含まれる、意味から言語への変換は言語機能の本質だと思いました。

実際の自分の経験でも、呼称が一番改善幅が大きいように感じるので、納得感がありました。

脳卒中を生きる意味ー病いと障害の社会学

今日は、こちらの本をご紹介したいと思います。


脳卒中を生きる意味ー病いと障害の社会学

https://www.amazon.co.jp/脳卒中を生きる意味―病いと障害の社会学-細田-満和子/dp/4902249227


本書は脳卒中により障害を負った27人の方とそのご家族にインタビューし、発症時点から病気のフェーズごとに生の声を載せています。


闘病記というと、家族の助けによって立ち直った美しい話を思い浮かべるかもしれませんが、この本はそういう話ばかりではありません。


脳卒中により妻に離婚されたり、離婚されなくても「死んでくれた方がよかった」と言われていたりと、きれいごとではない、リアルな脳卒中の現実が書かれています。


リハビリ提供側が問題とすることの中に、本書でも取り上げられている「障害受容」という言葉があります。患者さんがリハビリに取り組むためには障害受容が必要だと考えるわけです。


しかしこの本を読んで、障害を受容してないからこそリハビリをがんばれるという側面もあるのだと思いました。


多くの人は、何年もかかって、決してカッコよくなく、絶望と希望の間をもがきながら、折り合いをつけていくものなのです。


そしてその境地に到達した人は、成功し風を切って歩いた病前の自分よりも、強く優しく深い人間性を獲得できるのだと思いました。


人間の「しぶとさ」「しなやかさ」を感じることができた一冊でした。


脳卒中にかかわる以外の人にも読んでほしいです。

失語症リハビリの効果にエビデンス

リハビリの効果を客観的に示すのは難しかったのか、これまで言語聴覚士が行う失語症リハビリのエビデンス(科学的根拠)を示す論文は見かけませんでした。


ところが、今年2017年3月にLancet誌に出ていたのです。


脳卒中失語症患者さんへの医療保険でカバー可能な範囲の言語療法の無作為化・非盲検・評価は盲検 対照臨床試験

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/28256356/


内容のは以下の通り。

---------------------------------------

19の施設の158人の脳卒中後の失語症患者の2群に分けた。

2群とも週10時間の個別言語リハビリを最低3週間、研究者により訓練された言語聴覚士が行なった。

コントロール群は、リハビリ開始を3週間遅らせ、時間的ズレによる差異を設定している。

結果は、

訓練直後で言語コミュニケーションが著しく改善した。まだ訓練を受けていない群では変化がなかった。

6ヶ月後両群で同様の改善効果があった。

この結果は、脳卒中の種類、失語症のタイプ、重症度の違いとは関係がなかった。

---------------------------------------

というものです。


私はエビデンスがすべてとは思っていないのですが、やはりデータで示されていると、安心するというのはあります。


ただ、実際の臨床で生かすためには、タイプ毎にどうだったかなど、詳細な分析が欲しいとも思いました。

さらなる研究に期待したいと思います。

小鳥の歌からヒトの言葉へ

失語症のリハビリをしていると、その言葉の意味はわかっているのに、言われた通りに繰り返す復唱課題が困難な方に出会います。このような患者さんを見ていると、音が与えられていて、その通りに言うということにどれだけ複雑なプロセスが要求されるかということがわかります。


実際、この言われた音を繰り返すということは、ヒトに最も近いと言われているチンパンジーでもできません。


実は、チンパンジーが人のように言葉を発することができないのは、知能とは別の制約によるものが大きいです。

直立歩行をしているヒトと四つ足のチンパンジーではのどの構造が違うので、ヒトのように声をコントロールして、様々な音を出し分けることができないからというのがその理由のようです。


その一方で、ヒトとは進化的に遠いにも関わらず、聞いた音をそのまま発することができる種がいます。例えばオウムや九官鳥などです。


子どもの頃、叔母の家でオウムを飼っていて、ときどき遊びに行くと、「オハヨ」とか「アリガト」を言ってくれて、興奮した覚えがあります。


このように鳥類の一部は、ヒトとまったく同じではないのですが、いろいろな音を出せるような構造を持っています。


それでは、身体的構造だけで、聞いた言葉の音を言えるようにはなるでしょうか?もちろん、身体的構造というハードウェアは、聞いた音を同じように発するための必要条件ではありますが、十分条件ではありません。聞いた音を同じように発するには、まず聞いた音を認識し、その音と同じような音になるよう、認識した音を運動に変換するソフトウェアも必要なのです。


このようなインプットをアウトプットに変換する能力を、三歩あるくと忘れるなどと言われる鳥類が有しているということは驚くべきことではないでしょうか。鳥のことを調べれば、ヒトの言語の進化も見えてくるかもしれないと思えてきます。


今回ご紹介する本「小鳥の歌からヒトの言葉へ」(岩波科学ライブラリー)の著者である岡ノ谷一夫氏は、小鳥の歌を研究し、そこからヒトの言語の進化のヒントを導き出そうという大胆な研究をされています。


筆者は、鳥の歌とヒトの言葉の共通点として以下を挙げています。


・発声の身体的仕組みが似ている

・どちらも大脳の左半球が優位にはたらく

・獲得の時期は生後いつ頃までという臨界期がある


岡ノ谷氏は、ジュウシマツの歌の研究から「ヒト言語の文法の性淘汰起源説」を提唱しています。


非常にユニークで、おもしろく、読んでいて引き込まれます。

言語の進化に興味のある方、鳥が好きな方も、ぜひ読んでみてください。


私が読んだのはこちらですが、

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4000065920/ref=mp_s_a_1_6?__mk_ja_JP=カタカナ&qid=1504327768&sr=8-6&pi=AC_SX236_SY340_QL65&keywords=岡ノ谷一夫&dpPl=1&dpID=41N2KTXN95L&ref=plSrch


新版でこちらが出ています。

さえずり言語起源論--新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4007304181/ref=mp_s_a_1_5?__mk_ja_JP=カタカナ&qid=1504331053&sr=8-5&pi=AC_SX236_SY340_QL65&keywords=岡ノ谷一夫&dpPl=1&dpID=41o1PtkPMuL&ref=plSrch



口の動きが語想起の手がかりに

失語症のリハビリでは、絵を見せてその絵に描かれた物の名前を言ってもらう課題をやってもらうことがよくあります。このような課題を「呼称」と言います。


呼称課題でなかなか正解が言えないときに、言語聴覚士は、すぐに正解を教えるわけではなく、ヒントを出していきます。

すぐに正解を言ってしまうと、言葉を思い出す練習にならなくなってしまうからです。


このようなときによく使うヒントに語頭音というものがあります。リンゴだったら「リ」、ネコだったら「ネ」と、その言葉の最初の音を言ってあげるのです。


また、語頭音だとヒントとして強力すぎるので、語尾音を提示するという手法もあるようです。リンゴだったら、「んんご」と、音の数もわかるように言ってあげます。


このようにヒントの出し方を変えるのは、その患者さんが「がんばればできる」というぎりぎりの難易度にすることが、リハビリとしての効果を上げるために重要だからです。


それ以外に、リンゴだったら「果物」、ネコだったら「動物」など、意味的な手がかりを出しては、と思う方もいらっしゃるかも知れません。


まったく使わないことはないのですが、失語症の方は、絵に描かれたものが何かわからなくなってしまっているわけではないので、意味ヒントはあまり有効とは言えず語頭音などの音のヒントに較べると使う頻度は低いようです。


だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、今日は、このような呼称で使うヒントのうち、音や意味以外でヒントになりそうなものについての、英語で書かれた論文をご紹介したいと思います


声を出さない視覚運動手がかりのブローカ失語の語想起における効果  -パイロットスタディ

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/28813817/


(内容)

4人のブローカ失語患者について、声を出さずに口の動きだけを見せてヒントとした群と、そのようなヒントを与えなかった群を8週間のリハビリ後に比較。その結果口の動きを見せた群の方が語想起のレベルが上がった。


というものです。

言語音の知覚と発音は強く結びついているとする最近の説を支持する結果となっています。

パイロットスタディということで症例数は少ないので、この結果だけをただちに鵜呑みにはできませんが、口の動きをヒントの難易度を調整する一つのアイテムとして、使ってみてもいいかも知れません。